MENU

NFTコレクションCNPをハードウェアウォレットへ移す手順を解説

  • URLをコピーしました!

こんにちは。日本のNFTをみんなで盛り上げたいko_sanです。

人気急上昇中のNFTコレクションCNP(クリプトニンジャパートナーズ)を初めての NFTとして購入された方、あるいはこれから購入を検討している方も多いかと思います。

メタマスクはインターネットに接続されたウォレットなので、ハッキングされるリスクがあります。

そこで、大切なNFTを盗まれないように、ハードウェアウォレットを購入して、そちらに保管しておくことで、セキュリティが高まるので安心です。

この記事ではハードウェアウォレットのLedger Nano S PLUSを使って、NFTをメタマスクからハードウェアウォレットの方に移したので、その手順を忘備録を兼ねて紹介します。

既にLedger Nano S PLUSのセットアップが完了して、NFTがメタマスクのウォレットに入っている状態を想定しています。

Ledger Nano S PLUSのセットアップ方法についてはこちらの記事を参照ください。

あわせて読みたい
【Ledger Nano S Plus】ハードウェアウォレットの設定方法 こんにちは。ko_sanです。 NFTが日本でも人気が高まってきています。 NFTや仮想通貨を安全に安心して保管するために、ハードウェアウォレットは必須になりつつあります...
目次

■NFTコレクションCNPをハードウェアウォレットへ移す手順

以下のステップで行ないます。

  • STEP1  メタマスクを開く
  • STEP2 ハードウェアウォレットを接続する
  • STEP3 ハードウェアウォレットのアカウントを選択する
  • STEP4 OpenSeaを開いてメタマスクを接続し移動したいNFTを選ぶ
  • STEP5 選択したNFTをハードウェアウォレットへ移す
  • STEP6  Ledger LiveのアプリでNFTが移動されているか確認する

詳しく解説します。

STEP1  メタマスクを開く

Google Chromeからメタマスクを開いて、パスワードを入力し、「ロック解除」ボタンを押します。右上のマークをクリックして、プルダウンメニューから「ハードウェアウォレットの接続」を選んでください。

このときCNPのNFTはイーサリアムのチェーンから購入したので、「イーサリアムメインネット」が選択されていることを確認してください。

メタマスクを開く

STEP2 ハードウェアウォレットを接続する

するとこのような画面になりますので、Ledgerをクリックします。

ハードウェアウォレットを接続する

 この後、Ledger を PCに接続して、PINコードを入力後、ETHアカウントを選択し、両ボタンをおして「Application is ready」の状態にしておきます。

ハードウェアウォレットを接続する

メタマスクの画面で、Ledgerを選択して「続行」をクリックすると、以下の右のような画面が出るので、Nano S Plus を選択して「接続」をクリックします。

ハードウェアウォレットを接続する

STEP3 ハードウェアウォレットのアカウントを選択する

するとアカウントを選択してくださいという画面になるので、どれかを選んで「ロック解除」を押します。ハードウェアウォレットにETHが入っていない場合は、どのアカウントも0.000000ETHという表示になります。

 

ハードウェアウォレットのアカウントを選択する

初めての場合は、メタマスク には入っているETHかと勘違いしてしまう場合があるかもしれませんが、この数字はハードウェアウォレットに入っているETHの値を示します。 

既にETHが入っている場合はその値が表示されるアカウントを選択するのが一般的なようです。

するとこの画面になり、メタマスクとハードウェアウォレットの接続が完了しました。ここで赤枠のハードウェアウォレットのアドレスをコピーしておきます。ここにNFTを送付します。

ハードウェアウォレットのアカウントを選択する

STEP4 OpenSeaを開いてメタマスクを接続し、移動したいNFTを選ぶ

この状態で、OpenSeaを開きます。 既に購入してあるNFTが出るので、ハードウェアウォレットへ移動したいNFTを選びクリックします。その後右上の紙飛行機のようなマーク(Transfer)をクリックします。

OpenSeaを開いてメタマスクを接続し、移動したいNFTを選ぶ

STEP5 選択したNFTをハードウェアウォレットへ移す

すると以下の画面になるので、先ほどコピーしておいたハードウェアウォレットのアドレスをペーストします。その後「Transfer」をクリックします。

選択したNFTをハードウェアウォレットへ移す

ガス代が表示されますので、メタマスクの画面を下にスクロールして、確認を押します。ガス代は0.001643ETH=$1.64ということで、日本円で220円ほどです。

選択したNFTをハードウェアウォレットへ移す

このような、ブロックチェーンの確認待ちの画面が表示されます。

選択したNFTをハードウェアウォレットへ移す

数秒待って、この様な画面が表示されたら、移動が成功です。

選択したNFTをハードウェアウォレットへ移す

STEP6  Ledger LiveのアプリでNFTが移動されているか確認する

最後に念のためLedger Liveのアプリを開いて、NFTがちゃんとハードウェアウォレットに移っているかを確認します。

アカウントをクリックして、Etherium 1を選びます。

Ledger LiveのアプリでNFTが移動されているか確認する

するとこのように、移動したCNPがハードウェアウォレットに入っていることが確認できました。以上でステップは完了です。お疲れ様でした。

Ledger LiveのアプリでNFTが移動されているか確認する

■Ledger Nano S PLUSにのみ備わっているギャラリーモードでNFTコレクションを見る

Ledger Nano S Plusには、現在イーサリアムのみ対応のギャラリーモードというのがあります。

これは、NFTマーケットプレイスに行かなくてもLedger Live内でNFTコレクションが確認できる機能です。先ほどの一つ前の画面で「ギャラリーを見る」をクリックすると、このように保管してあるNFTを確認できます。

Ledger Nano S PLUSにのみ備わっているギャラリーモードでNFTコレクションを見る

これは便利ですね。

■まとめ

人気急上昇中のNFTコレクションCNP(クリプトニンジャパートナーズ)をメタマスクウォレットからハードウェアウォレットに移す方法を紹介しました。

これでハッキングの心配なくCNPを保管できるので安心です。
CNPに限らず、大切なNFTはぜひハードウェアウォレットに保管してください。

参考になれば嬉しいです。

NFTを購入するためには、日本の取引所の口座開設が必要です。
まだの方は、大手のコインチェックの口座開設方法をまとめたので参考にしてください。

あわせて読みたい
初心者でも簡単!コインチェックに口座開設する手順をわかりやすく解説 こんにちは。ko_sanです。 NFTに興味あるけど、最初のハードルとして、国内取引所を開設する必要があるらしいね。やり方をわかりやすく教えてほしい! そんな疑問にお答...

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる